imageBLOG PARTS

imageBLOG PARTS

imageブライトリングの偽物は買取NGのため注意

image

高級ブランドによくあるのが、コピー品。残念ながらブライトリングの時計にも、コピー品が存在します。正規のショップで購入したものであれば問題ありませんが、海外のサイトやオークションなど、非正規のルートで購入したものの中には、残念ながらコピー品が混ざっている可能性があります。

今回は、コピー品が流通する理由と、本物と偽物を見分けるコツについてご紹介します。

コピー品が流通する理由

安いためニーズがある

コピー品のブライトリングは、数万円程度で購入できるものが多く存在します。本物を定価で購入すると安くても数十万円~はかかりますから、お金がない場合はなかなか手が届きません。そこで、安く購入できるコピー品が出回っているのです。中には、コピー品を専門に扱う販売サイトなども存在します。

本物と似ていて見分けにくい

明らかにひとめで「偽物」と分かれば良いですが、現在のコピー品は精巧に作られていることも多く、ぱっと見ただけではわからないこともあります。昔と比べて技術力も上がっているため、素人には見分けがつかないことも多く、「偽物でもいい」と考えて購入する人も中にはいます。しかし、よく見れば本物と偽物の違いは一目瞭然です。

本物と偽物の見分け方

刻印

例えばブライトリングのナビタイマーの場合、裏蓋にブランドロゴの刻印があります。偽物は本物に比べて立体感に欠けており、触った時の感触も薄いです。



時計の針の根元部分がしっかりと接着されているのが本物で、偽物は、上から針を差し込んだ状態になっており、丁寧さが違います。

持っているブライトリングの時計が偽物の場合、残念ながら買取対象とはなりません。買取業者には専門の鑑定士がおり、素人ではわからない差まで判定するため、どんなに精巧に作られていたとしても、コピー品の場合はすぐにわかってしまうでしょう。「自分が持っている時計が本物かわからない」という場合は、一度買取業者に相談してみることをおすすめします。

imageBLOG PARTS

imageBLOG PARTS